読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

High and dry(はつ恋)

ファンタジーとか、学園ものスポーツものとかミステリーとか分かりやすい本ばかり読んでいた時期に初めて読んだ本。この本を読んでからは吉本ばなな西加奈子とかそういうのばっかり読んでた気がする。西加奈子で初めて読んだのは窓の魚かうつくしい人のどっちかだった。多分主人公と同じくらいの中2、3のときに読んだ気がするけど、こんなに精神的なことを文字にして書いてくれてる本はないと思って、現実世界の話と混ぜるには多少受け入れきれないファンタジー色も受け入れられた気がする。ファンタジーな場面の熱心さにグッときたのもある。 当時は主人公側にいて、今日読んだらこりかたまってる側にいた。

High and dry(はつ恋) (文春文庫)

High and dry(はつ恋) (文春文庫)