記録

映画と本

あの子の考えることは変

若かった。

 

解説がナンセンスだった。 

 

あの子の考えることは変 (講談社文庫)