限りなく透明に近いブルー

 退廃的なものを吸収したくなったので、去年の夏には読めなかったこの本を思い出して読んだ。

綿矢りさの解説が本当にその通り解説だったので、ぼやーっと感じたものが全部ちゃんと言葉になって刺さってつらかった。

 

 

新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)